ダイビングと旅行と仕事。

シミランクルーズ

12. 番外編 | シミランクルーズ紀行

プーケット旅行番外編

紹介しきれなかった船の様子などを載せまーす。


まず、朝起きるとこんな感じで待ったり。
朝の風景

ダイビング前はブリーフィングが行われます。
ブリーフィング ブリーフィングの絵

食事は基本、ビュッフェです。下はお昼。
お昼ごはん

夜もビュッフェで、スープが大体つきます。
晩御飯 晩御飯
スープは、野菜スープだったり、トムカーガイだったり、トムヤムクンだったり。
ちなみに、飯、ムチャうま!!タイ料理、サイコーー☆
ソフトドリンクは20B、ビールは60Bです。それ以外の酒は持ち込み可。


つづいて、エビ探し編。
えび
この中にはエビが2匹います。


最後は、お気に入りの1枚。
ヒトヅラハリセンボン


【今回のクルーズのメンバー】
アキさん(イントラ)、リョーさん(ダイブマスター)
ケンタイラさん、マエハラさん
AKIちゃん、いとちん、僕


みなさん、本当にお世話になりました!!


なお、今回の旅行の写真は、下記よりご覧いただけます。
【写真はこちら】

<<前へ

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 01:33 | コメント(1481) | シミランクルーズ

11. そして帰国編(2008/1/7) | シミランクルーズ紀行

いよいよ日本に帰国です。

朝3時に、SPAから出て、いったん出国。
バッグをピックアップせねば。
Lost&Foundでバッグを見つけ、そのままノースウエストのカウンターへ。
成田経由ポートランド行き、かつアメリカ系の航空会社のため、非常にチェックが厳しい。


うとうとしながら、出国審査をし、ちょいとお土産を買って、いよいよ搭乗です。
基本、ずっと爆睡。。。

あまり長さも感じず、日本到着!!
入国審査、税関も無事通過し、成田でお昼を食べて、解散!
バスで帰宅します。

、、、このバスで事件が。

お土産、バスに忘れたーーー。

※後で電話したら、発見されました(笑)

やっぱり、家に着くまでが遠足ですね。

いやぁ、本当に楽しかった。また行くな、こりゃ。


<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:54 | コメント(252) | シミランクルーズ

10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6) | シミランクルーズ紀行

この日、いよいよプーケットともお別れです。

朝、ゆっくり目に起きて、チェックアウト。この時点で、実はいとちんは、アキさん宅へ出張し、PCの修理です(笑)
AKIちゃんと2人で朝飯に、行きたかった焼きそば屋に行き、まいうーー。
その後はお土産屋へ。

まず、絵葉書を物色。その後、入って、お土を産物色。
お土産屋 お姉さん
しかし、色々目移りして盛り上がり、なかなか進まない。。
午前中はお香・アロマのみで時間がなくなっちゃいました(笑)


お昼は、アキさんリョーさん、そしていとちんと合流し、タイスキ。
何気に、タイスキ、初めてです。
これ、うまいねぇ!アキさん持参のお餅もこっそり投入(笑)
アキさん、リョーさんとのお食事も、とりあえずこれで最後です。

食後、リョーさんは空港へ。シンガポールへ帰ります。
ありがとうございました!ダイマスも大変ですね!!

その後、アキさんにちょっと案内してもらい、お別れ。
、、、と思いきや、お餅を返し忘れ、アキさん宅の下までお届け。
ここで本当にお別れ。今回も、いろいろとありがとうございました!!

お二人とも、アフターダイブどころか、ダイブ後2日間も案内してくださって、感謝感謝です。


その後はお買い物♪
午前中に行った店にもう一度行き、ウィークエンドマーケット(↓)に行き、と満喫。
ウィークエンドマーケット

晩飯はアキさんお勧めの屋台で食おうとしたが、やってない。。
ということで、朝行ったお店にもう一度!
いとちんが行きたかったらしく(朝は彼は行ってない)、もう一回行きます。
焼きそば
う、うまいなぁ、やっぱ。

レンタバイクを返し、ホテルに戻り、荷物をPickUpしてタクシーで空港に向かいます。
ああ、いよいよお別れ。

空港でお土産を冷やかしに除くと、市内の2倍!!
皆さん、空港は要注意ですよ!ドリンクとかも異常に高い。

JetStarでシンガポールに戻ります。

機内で日本人の綺麗なキャビンアテンダントが、僕に『何か困ったことがあれば言ってください』と。
逆ナン??などとアホなポジティブを発揮するも、そのとき読んでいた本はこれ。


逆ナンな訳ないじゃん!と隣の2人に突っ込まれる。


シンガポール到着!今回はぎりぎりまで出国せず、空港内のSPA(ラウンジ)へ。
有料だけど、仮眠もできるし、飯は食い放題だし、シャワーも浴びれます。
ここで朝まで仮眠。

いよいよ明日は、日本帰国です。


【他の写真はこちら】


<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:54 | コメント(511) | シミランクルーズ

09. プーケット大満喫編(2008/1/5) | シミランクルーズ紀行

今日はプーケット観光。アキさんが案内してくれます!

朝は早めに、チキンライスを食べに行きます。上に、カリカリの豚を乗せて。
お店 チキンライス

そしてレンタルバイクにまたがり、出発。
お寺に行きまーす。ワット・シャロン。
ワットシャロン ワットシャロン

やっぱり奇麗です。でも突然、爆竹を鳴らすんで、ビビって横にブっとびました(笑)


お昼は、ビーチに移動して、イサン料理を頂きます。
ビーチ沿いの、グデーーーってできるとこ。
ビーチ

ナマズ、ニジョウサバ、各種お肉、そしてソムタムとカオニャオ。
いやぁ、最高です。

その後は見晴らしのいいところ2か所へ。うーーん、心が洗われる。
絶景 絶景

そして象に乗るいとちん、AKIちゃん。
僕は、しゃくれてる犬の横で、Beerしてました。
像に乗る2人 しゃくれ


この後、ミントサウナに移動して、じっくりと汗をかきます。
うーーん、いい香り。極楽極楽。

夜は、焼肉です!ひさびさにバクバクバクバク食いました(笑)
大満足して、初日に行ったマッサージへ再度。
また2時間のオイルマッサだけど、爆睡してて、ほとんど何も覚えていない。。

その後、リョーさんと1杯やって、爆睡しました。


【他の写真はこちら】


<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:53 | コメント(267) | シミランクルーズ

08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4) | シミランクルーズ紀行

いよいよクルーズ最終日!

名残惜しいけど、最後まで楽しむぞーー!!

1本目(クルーズ16本目)
ポイントは、Koh Bon

まずは軽く流します。今回のテーマはワイド。
昨日、他の方の写真を見て、ワイドにチャレンジしたくなりました。


コ・ボン(魚影) キンセンフエダイ キンセンフエダイと地形
フラッシュを使わない方が、きれいに撮れます!キンセンフエダイの群れも見事。

しかし、相変わらずカスミアジやその他の群れが見事なポイントです。
途中、ラストチャンスと、マンタを根待ち。その後も移動して探す。
しかし結局現れず。。どうもマンタと、本当に相性が悪いみたい。

ま、次こそ、ね。自然が相手の面白さです!


日が射していたので、太陽も入れてみました。
コ・ボン太陽 コ・ボン太陽2

結構、好きな写真になりました。
途中、ホウセキキントキ(目が光ります)、ケショウフグ、フウライチョウチョウオなどを見て、安全停止へ。
その時、また、ナポレオンが!!結構でかいけど、やっぱ遠いなぁ。と思ったら、もう1個体!

さぁ安全停止するぞーーー、
ん、、、、マ、マンタ???



違った、サンタだった(笑)3匹も。

サンタ



いよいよ帰路に。コ・ボンともお別れです。
コ・ボン

最後のポイントはカオラック近くの沈船とのこと。
軽くパッキングしておきます。



2本目(クルーズ17本目)
ポイントは、Boonsung Wreck
いよいよラストダイブです!!
ちなみに、いとちん、AKIちゃんは初のレック(沈船)ダイブ。

ここは、透明度はイマイチだけど、魚影は半端なく濃い!
マクロも面白い!!

ウツボ ウミウシ
(左)小さいウツボくん
(右)ウミウシも充実

そして、レオパードもいました!
で、でかい。。2.5mくらい??
レオパードシャーク レオパードシャーク


ミノカサゴ、オニカサゴも充実!なんと群れでもいました。てか、群れも他の魚影でかすんでる。
ミノカサゴ ミノカサゴの群れ


しかし、何と言っても、魚影、群れ!!
群れ 群れ 群れ

ギンガメアジ、キンセンフエダイ、タイワンカマスなどなどなど。。

安全停止直前には、またでっかいレオパードシャークが泳いできました!たぶん同じ個体だな。
最後を祝いにきてくれたような。。

安全停止中も、ロープにカワハギの幼魚が。可愛かったぁ。


これにて、ダイビング(合計17本)終了!!
Exit後、器材をざっと洗い、乾かし、パッキング。いよいよ下船です。数日ぶりの陸です。
タプラム港



その後は車でプーケットタウンへ移動。
夜は近くのビアガーデンで打ち上げ!クンジェーナンプラーや、ヤムウンセンなどのタイ料理をつまみに。
皆さん、お疲れ様&ありがとうございました!!!


明日、明後日はプーケット観光です。


【他の写真はこちら】


<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:53 | コメント(386) | シミランクルーズ

07. 祝100本記念編(2008/1/3) | シミランクルーズ紀行

夜の間にKoh Tachai(コ・タチャイ)へ移動!!
こちらもマンタが出るかも!?期待が高まります。

そして、、、

そうです、今日の1本目は100本記念!!!
100本記念
みんな、朝からお祝いメッセージを書いてくださって、船上で記念撮影。ありがとうございまーーす!
そしてクルーズには参加されてないけど、この旗を作って下さったaicoさん、本当にありがとうございます!!
※aicoさんはアキさんの奥様です。


1本目(クルーズ12本目)
ポイントは、Twin Peaks(Koh Tachai)

潜る前に、100本記念でレオパードを見せます、とのアキさんの宣言!

潜ると、おお、ここも面白そう!
まずは水中でも、記念撮影。
右のがキレイだけど、いとちんが消えているので、左も(笑)
100本記念(水中1) 100本記念(水中2)

流していると、外側を群れがガンガン!
スギがカスミアジの先頭切って泳いでいます(サメみたい)。

そして、レオパードシャーク!!悠々と泳いで去っていきました。かっこいいなぁ。
カスミアジ、クマザサハナムロ、イエローバックフュージュラー、ツムブリと、わさわさ群れています。
ツムブリ コ・タチャイ(魚影)

そして、ロウニンアジも登場!でかくて迫力あるわ~。
しかも再度レオパード登場!!お祝いしてくれてます!
写真もいいけど、動きも早いし、目に焼き付けます!!

しかし、その魚影の濃さはすごい。。
魚影1 魚影3

根の上の方に行っても、いい感じです。
地形2 魚影2

うーーん、ずっと潜っていたい!と思いつつエグジット。
すごく思い出深い、100本記念になりました!みんな、ありがとうございます!!



2本目(クルーズ13本目)
ポイントは、Twin Peaks(Koh Tachai)
1本目と同じです。

エントリー直後から流れに逆らって、ぐいぐい漕いでいきます!かなり深くまで。。
あれ、、、何か感覚がおかしい。。初の窒素酔い??
深度を見ようとしたら、マスククリアしてました。。
深度を少し上げて、回復!?でも息上がりました。
かなり強い流れに逆らって、ぐいぐい漕いで行きます。

で、根待ち。何か出そうな感じ、、でもエアがなくなって。。
途中でがんばりすぎたかな。結局、出ませんでした(涙)

でも、思うどおりにならないのもダイビング!だからこそ楽しいのです。



3本目(クルーズ14本目)
ポイントは、Koh Tachai East
いとちんとAKIちゃんは、アドバンス最後の講習、ナビゲーションです。
僕はまったりファンダイブです。

クマノミ系も結構います。
カクレクマノミ トマトアネモネフィッシュ トマトアネモネフィッシュ
(左)カクレクマノミ
(中)(右)トマトアネモネフィッシュ!やっと見れた

フタイロカエルウオ
カエルウオもじっくり撮影。フタイロカエルウオです。

途中、カンカンなる音を聞き、もしや、、と思い辺りを見回したが、やっぱマンタはいません(笑)



3本目が終わり、コ・タチャイを後にして、ふたたびコ・ボンへ戻ります。
そうです、リチェリューロックへは行けず。ま、それもしょうがないですね。



4本目(クルーズ15本目)
ポイントは、Koh Bon。ナイトです。
いとちん、AKIちゃんは4本目、パス。

根にはびっしりとカサゴがいました。
ネッタイミノカサゴ ハナミノカサゴ
(左)ネッタイミノカサゴ
(右)ハナミノカサゴ

最後、フロートを僕が上げたんだけど、上に持ってかれたり、エグジットでどうやって巻こうかで若干パニックったり、、、
1人だけエグジット遅れて、パニくってる様子を上からAKIちゃんにばっちり見られてました(笑)


そしてこの日は、クルーズ最後の晩餐。
クルーズの晩餐

そしてAKIちゃん、いとちん、アドバンス認定式です!おめでとう!!
アドバンスの認定
しかし、2人とも凄くうまくなりました。エアも持つし、ある程度のカレントでも大丈夫だし、マナーもOK!
バディとして安心できます。

この後も、ご一緒した方の凄腕写真を見せてもらったり、リョーさんと馬鹿話したり、楽しく満喫しました。

それでは最後の夜、おやすみなさい。


【他の写真はこちら】


<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:53 | コメント(256) | シミランクルーズ

06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2) | シミランクルーズ紀行

ダイブクルーズ3日目の朝もコーヒーとジャムパンでスタート。
1本目がDeepのSPなので、講習を軽く聞きながらブリーフィング。


1本目(クルーズ9本目)
ポイントは、Deep Six
Deepのスペシャリティです。39.5mまで行きました。


その後は、まったりダイブ。アケボノハゼ、かなりいますね。
それ以外も幼魚など、マクロ中心に楽しみました。
アケボノハゼ ベラの幼魚 珊瑚とスズメダイ
(左)アケボノハゼ。じっくり撮りたいけど深度が、ね。
(中)ベラの幼魚です
(右)サンゴの上も奇麗です


2本目(クルーズ10本目)
ポイントは、Stone Henge

エントリーして流していると、前方にナポレオンが!おおーー、と見ていると、後方からもう1個体!!
結構遠いんですが、あの姿は印象的です。

トウアカクマノミ ゴシキエビ
(左)トウアカクマノミ
(右)ゴシキエビ(yg)

・・・

エグジット後、昼飯を食っていると、船が北上開始!?
今回のクルーズ、実は風に恵まれておらず、北上を諦めかけていたんです。。

しかし、、
をっ!北に向かってるじゃないですか!!
マンタの期待がかかる、コ・ボンに・・・1時間半ほどで到着!!


3本目(クルーズ11本目)
ポイントは、Koh Bon

エントリーすると、、魚影がすごい!フエダイやらカスミアジやら、わっさわっさと。
ソフトコーラルもすごく元気。
コ・ボン(コーラル)

カスミアジの捕食などを見ながら流れに逆らって移動。
途中、カレントが強いところがあって、AKIちゃん大変そう、、助けるつもりで軽く押したら、逆にパニックに!!
す、すいません。。。

で、根に掴まってマンタ待ち!上を眺めると、魚影が濃い。。
コ・ボン(魚影)
いろんな魚が来ては去り、去ってはまた来る。すごく幻影的な時間でした。

結局、マンタは現れず。そのまま流れに乗って移動します。
途中、一面の珊瑚畑。素晴らしい!クロユリハゼなどもいました。
コ・ボン(サンゴのお花畑)


心地よいダイビングを終え浮上すると、ウネリがすごい。。
Exitしようとするも、ハシゴに掴まっていられない、、やばい。
波でボートの上まで上半身を持ってかれ、その返す波でボートの外に出される。。
クルーに体ごと引っ張ってもらい、なんとかExit。。


そしてこの印象的なダイビングが実は僕の99本目なのです!
このまま行くと100本目がナイトになるので、1本パスします。


コ・ボン(夕日)
船から夕陽を見ながら、Beer飲みながら、他のメンバーを待ちます。

潜れるだけ潜るのもいいけど、のんびりするのもいいですね。



【他の写真はこちら】

<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:53 | コメント(445) | シミランクルーズ

05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1) | シミランクルーズ紀行

明けましておめでとうございます!!
今年の年明けは、なんとシミラン諸島、クルーズ上で迎えました。うーーん、リッチ。
初日の出を見ようと、ちょいと早めにデッキにでると、、、

ん??

コンパスを確認すると、、、東に島があるーー。
そう、風を避けるため、島陰に入っているのだが、初日の出の方向は、まさに島。つまり、見れませーーん。


で、朝、皆が集まると、アキさんがやや不機嫌。
話を聞くと、夜中他の船がきちんとアンカーに留めないで寝ちゃって、、我々の船に激突したとか!!!


そういえば、夜中、ありえない揺れで目が覚めて、横を見ると他の船が横付け。
てっきり、なんか物々交換でもしに来ているのかと思った。。

船の横を見ると、、、あちゃーーー、2Fの横がベッコリと穴空いている。。
こういった事故で沈没した船も多々あるとかで、無事だからいいが、すごい当たり年の1年になりそうだ。


1本目(クルーズ5本目)
ポイントは、Elephant Head Rock
ディープのスペシャリティの講習(と言っても深いとこ行くくらい)です。
ツユベラの幼魚やら群れやらを見ました。カスミアジがいい感じ!
カスミアジ 
(左)カスミアジの群れ
(右)ダイビングの1風景

他:イケカツオ、オグロクロユリハゼ、ニジョウサバ、ヨコシマクロダイ、ニセフウライチョウチョウオ。


1本目を上がり、、麻雀開始。
そうです、この頃には、船上休憩は麻雀タイムと化していました。
髪など賭けず、健全に、ね。


2本目(クルーズ6本目)
ポイントは、North Point

ふらーーと泳いでいると、、いたぁ!!レオパードシャーク(トラフザメ)!
1.5mくらいでしょうか、ヤツとしてはそれほどでもないかも、ですが、やっぱデカイ!
いとちん、最初、でかくて気付かないで近付いて、途中でビビッてました。
AKIちゃんも最初気付かず、気付いた途端、マスクに水が入ってきたとか(笑)

レオパードシャーク レオパードシャーク

見ているとケンタイラさん、ふわぁと、すごい近づいている。ファインダー除いて、距離が見えてないのか。。
近い、、50cmくらいでは。。。
と思った瞬間、逃げちゃいました(笑)
トラフザメ


この1本は面白く、ハタタテハゼを見たり、コーラルにも行ったり。
ハタタテハゼ コーラル 


そして、カメ(タイマイ)もいました。
タイマイ
小魚、ちょうど顔を隠してます(笑)


お昼休みは、ビーチに上陸!久しぶりの陸です。
すげぇ奇麗。。。砂、真っ白

ビーチ 真っ白


左に見える岩、登れるんです!ということで登りました!!
これが、足の裏が痛いし、えらい急な、危険な登り道。。正直怖かった。

岩の上 記念撮影
(左)上から見ると結構怖いが、眺め最高!!
(右)危険な撮影をする人たち


3本目(クルーズ7本目)
ポイントは、Namchai Bay

潜ってみると、なかなか面白い!

ウミウシ イトヒキアジ キンセンフエダイ
(左)ウミウシ。シミランではウミウシ、少ないかな。
(中)イトヒキアジ(若魚)。暗いな。。
(右)キンセンフエダイも群れてました。

これ以外にも、モンガラカワハギ(成魚は初めて見た)、ワヌケヤッコ、ソウシハギ、ヨスジフエダイなどなど。
なんか味のあるポイントでした。


4本目(クルーズ8本目)
ポイントは、WaterFall Bay
サンセットです。

あんまりいい写真、撮れませんでしたが、やっぱり冒険気分が楽しいです~。
いとちんのトーチ(ライト)が途中で切れ、おれの予備トーチを出すも、こちらも接触不良で付かない。。

ま、慌てず戻ってきました。



夜は軽く麻雀して、ビール&焼酎で酒盛り。
いやぁ楽しいですわ。

【他の写真はこちら】

<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:52 | コメント(283) | シミランクルーズ

04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31) | シミランクルーズ紀行

いよいよダイビングクルーズ初日です!!

夜のうちに移動していて、既にシミランに到着。

1本目
ポイントは、Anita's Reaf (West)
チェックダイブです。

いやぁ、さすがに透明度がいい。


そして、いきなりアケボノハゼでスタート!いやぁ、見たかったけど、きれいだなぁ。
アケボノハゼ

泳いでいくと、スカシテンジクダイが、びっくりするぐらい、根にまとわりついてる。
スカシテンジクダイ スカシテンジクの群れ

ブダイくんも優雅??に泳いでいます。
ブダイ


泳いでいると、タンクがストンと落ちちゃいました。
やっぱ、まだBC、堅いな。。


1本終えて、シミラン諸島を見ながら朝飯。
う、、うまい。。
シミラン諸島



2本目
ポイントは、Anita's Reaf (East)


チョウチョウオ系もキレイで面白いです。見る魚がすべてなんかいい雰囲気!

コラーレ・バタフライフィッシュ ブラックピットバタフライフィッシュ
(左)コラーレ・バタフライフィッシュ
(右)ブラックピットバタフライフィッシュ


砂地もいい感じ!ハゼやらテンスやら。
オーロラパートナーゴビー テンスの幼魚
(左)オーロラパートナーゴビー
(右)テンスの幼魚



上がって、昼飯です。
潜って、食って。サイコーですね。


3本目
ポイントは、East of Eden
楽しみにしていたポイントです!

すごくきれいで、見せ場も多いポイント!

しかし、、、カメラのセッティングをしくじり、水中で再生しかできなかった。。。
水没とかはしてないんだけど、がっかり(笑)


スカンクアネモネフィッシュ(セジロクマノミのインド洋版?)、ハタタテハゼ、ミヤコテングハギ、イエローバックフュージュラーの群れ、クマザサハナムロの群れなどなど。



4本目
ポイントは、Snapper's Alley
久しぶりのナイトです。AKIちゃん、いとちんは初(アドバンスの講習を兼ねてます)。

うーーん、探検感覚で面白い!

ヤドカリ
ヤドカリがいました。


上がって晩飯&ビール&焼酎!マジで最高の一日です。
麻雀を軽くやって、夜も更けていきます。

そうです、この日は大晦日。アキさんから頂いた年越し蕎麦(カップヌードル)をいただきながら年が明けました。

他のボートが、花火をあげてお祝いしています。

・・来年も素晴らしい1年でありますように・・


【他の写真はこちら】


<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:52 | コメント(389) | シミランクルーズ

03. プーケット上陸編(2007/12/30) | シミランクルーズ紀行

朝、目が覚めるとそこは、、


シンガポール空港のレストランで朝を迎え(睡眠2時間)、プーケットへ向かうためにバジェットターミナルへ移動。
タイガー・エアウェイズは格安航空のため、バジェットというターミナルなのです。

※バジェット(budget)とは
予算に合った、手ごろな、という形容詞として使われ、『節約』、『格安』的な匂いがする単語です。


無料バスで10分で到着。小さい、ボロいが南国の匂いがするターミナルです。

小さい飛行機に搭乗。地上から、タップで乗り込む、ちょいと洒落た感じです。
※写真撮影はNGでした。

・・・

2時間弱でプーケット到着!
んーーーーー、タイの雰囲気!!これいいなぁ。
入国審査時に停電が起きるも、無事入国。(a.m.9:00)
空港でアキさんを探すと、代わりにダイブマスターのリョーさんが登場。
はじめましてーー。お世話になりまーす!

レンタカーでプーケットタウンに送ってもらいます。

小一時間で到着。アキさんが出迎えてくれました!
ボーノさん、マーシー先輩も。入れ違いで今日、帰国の途につきますが。

両替をして、マッサージへ。
オイルマッサージ、2時間で600B(2000円)です!!

やばい、気持ちよすぎる。。。
パンツ一丁だったけど、途中でおばちゃんに脱がされ、最後は全裸になってました(笑)
旅の疲れが飛ぶわぁ。これもタイの醍醐味です!!

・・・

腹が減ったので、3人でお昼を食べに町をぶらつきます。(12:00)
中心まで行くほど腹に余裕がなく、途中でお店に。

タイ料理
(なぜかうつ伏せの、いとちん)

食ったのは
 カリッと表面を上げた豚肉
 イエローカレー(辛い!)
 豚と大根の角煮
 卵と野菜のふわっと炒め

う、、うまいなぁ、やっぱ。
他の2人は、、、すでにハマってる!
いやぁ、こういうお店、いろんな意味でダメな人多いんで、ホッとすると同時に、さらに楽しくなりました。

町をぶらつき、地理関係を頭にいれます。
さっそくお土産屋も行ってみると、あれ、AKIちゃん、既に戦闘モード??
あんまり買い物しないって断言してなかったっけか(笑)

・・・

17:00にホテルに戻り、マエハラさんと合流し、みんなでいよいよクルーズに向かいます!

プーケットタウン  トゥクトゥク
(左)町の風景
(右)トゥクトゥクに乗り込む2人

プーケットはトゥクが他と違いますね。車でした。

・・・

1時間ほどで一番大きなビーチ、パトンに到着。
すげぇ、こんなでかいんだ。。

ここで前乗りして既に潜りに行ってるケンタイラさんと合流!
ティオマンでもお世話になりましたーー。


さぁ、全員そろって、港へ向かいます。
さらに2時間ほどで到着です。

到着すると、、おおーーあるぢゃないですか、クルーズ船が!
クルーズ船
予想通りの大きさにホッとし、興奮します!
(写真は最終日撮影)

部屋は2段ベッドが2つの4人部屋。ここに我々3人で泊まります。


出発と同時に、船主で爆竹!!安全祈願みたいな、行事のようです。
さっそくビデオを見ながら、かんぱーーーい♪
ビール、ジンと初日からお酒をいただきます(笑)

夜の宴

初日というのもあり、疲れもあり、やや酔い気味に。。
他の2人も同じみたい。。。

というわけで、おやすみなさーーーい。

【他の写真はこちら】


<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:51 | コメント(274) | シミランクルーズ

02. 日本出発編(2007/12/29) | シミランクルーズ紀行

前夜の仕事納め&忘年会の疲れと酒でフラフラながらも、9:00に起きる。

朝、気合でパッキング!
やばい、荷物重い。。

11:30に家を出て池袋へ。池袋から成田エクスプレス(NEX)で空港に向かいますが、その前にジュンク堂で本探し。

まずはボクシングマガジン(通称ボクマガ)
こちら、ティオマン島での麻雀に負け、1年間、毎月の郵送が義務付けられております。。
今回は幸いにも直接手渡しでOKとのこと。


あとは暇つぶしの本。
いい本が見つかりました(笑


ドロップアウト、なんていい響きなんだ。
おっと時間が。

・・・

NEXに乗車。池袋では車両はガラガラだが何故か僕の隣だけ、おっさんが。
アナウンスを聞くと、満席とのこと。この後の新宿、東京で乗るんでしょう。


成田まで読書&爆睡で到着!
成田では既に2人とも到着済み。
前回、マレーシア行ったときは、なぜかバタバタで、最後はダッシュだったので、今回は早めの集合。
しかも12/29、激混みが予想され、、、、ってガラガラやんっ!!

あっという間に傷害保険、チェックインが済みました。

実は、プーケットに行くはいいも、現地で何時にどこ集合か、成田まできても分らなかった。。
アキさんがクルーズに出ており、メールの返信なし。

ということで、DoCoMoのキャンギャルに国際電話の掛け方聞いて、アキさんに電話!
つながって第一声、『TOMOくんか、まだ成田?○○買ってきて!』
・・・りょーかい。でもその前に、集合場所教えてくださいっ!

なんとか問題解決し、いよいよ出国!
ガラガラの成田を出国し、免税をちらっと除いて搭乗ゲートへ。

NWなんで期待してなかったら、何とエアバス。
ジャンボかと思っていたが、圧迫感がなくてOK。
後ろから2列目の3人席に仲良く座ります。


しかし、、、NW、国際線のクセになぜ、アルコール有料????
しかも500円or5USドルって。

とはいえ、3人でBeerを頼み、かんぱーーーい♪
結構混んでいるなか、ほろ酔いでいい感じに。




7時間のフライトも終わり、いざシンガポール上陸!この時すでに24:30。
空港で仮眠し、翌朝に飛行機でプーケット予定。
入国カードに、滞在先=空港、と記載。
・・・イミグレでかなり怪しまれる
航空券を見せ、納得してもらい、ようやく出国。



両替しようとすると、、、あれ?財布がない??
財布といっても、ひとり1万ずつくらい出した共有費を入れた財布で、キャッシュのみだが、見当たらない。。。
飛行機に置き忘れた??

ということで、TOMOが空港を逆戻り、既に1:00。
絶対、席に忘れてきた!!との信念でLost&Foundへ。
、、待てども待てども出てこない。飛行機まで探し行ってもらったが、結局見つからず。。。

ま、クレジットカードとか無しで良かった、とポジティブにみんな解釈(笑)



前回もお世話になった、24時間OPENのレストランへ(a.m.2:30)。
既に朝食メニューに。

店員さん、俺らを覚えていたーーー☆
3か月前に1度、寄っただけなのに。


AKIちゃん、いとちんは、アドバンスの残り、ナビゲーションとナイトのお勉強。
そうそう、あっちいってやるとイヤだからね。


2人が勉強しているなか、僕だけオヤスミなさい。。

次回から写真掲載です!



<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:51 | コメント(279) | シミランクルーズ

01. シミランクルーズ準備編 | シミランクルーズ紀行

シミラン行きを決意した我々。
まずはチケットの手配。

ちなみにクルーズの日程は
12/30夜 ~ 1/4夕方

シミランはタイのプーケット沖にある諸島。
カオラックからのもあるけど、今回はプーケット集合・解散です。
プーケットって、実はこんだけアジア行っていて、行ったことないんです。


WEBで航空券を漁る。
・・・出てこない。。。

この時点で、1つのチケットでのプーケット行きを断念。
お得意!?のアジア格安航空会社を確認。
バンコク、KL、シンガポール、いずれもプーケットとの往復、あるじゃないですか!!

ちなみに格安航空会社とは、以下のような会社です。
 エアエイジア
 タイガー・エアウェイズ
 ジェットスター・アジア

てか、まだガラガラだわ。じゃ、なんとか、日本から主要都市までを。
しかし、WEBでは見つからない。JALの正規チケットのみあるが、高すぎる。

で、近くのKNT!いくもなし。で、HISに電話したら、ノースウエストのシンガポール行き、帰国を1日ずらせば、まだギリギリ残っている!

なぜか、1月7日は祝日、と思い込み、
行き:12月29日
帰り:1月7日
のチケットをGET!
当然、後で気づけば、1月7日は平日(仕事始め)だったんですが。。


これで、航空券をGET。あっちのホテルはアキさんが取ってくれるとのこと。
とりあえずは、一通り完了!!


後は荷物ですね。
浮かれすぎて、いろいろダイビング器材を重器材、買っちゃいました。
でも年末の業務や忘年会でパッキングできず。。
結局、当日の朝、パッキングをすることになりました。


出発日まで、雑誌見たりWEB見たり、シミランへの思いは募る一方です。


<<前へ           次へ>>


タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 21:51 | コメント(878) | シミランクルーズ

00. プロローグ | シミランクルーズ紀行

2007年9月、僕は会社の同僚2人を連れて、マレーシアはティオマン島にいた。
前年、アジア放浪中にお世話になり非常に心地良かったブルーヘブンダイバーズに、また来ていたのだ。

同僚2人はダイビングは初めて。また東南アジアも初めて。Cカードを取りたいのことで、ふらーーーとバックパックで潜りに行こうとした僕が誘って、3人でブルーヘブンダイバーズにお世話になることにしたのだ。

ティオマン旅行の様子はこちら

思えばこれが、我が社ディマージシェアのダイビング部の始動であった。


メンバーは

AKIちゃん(前職からの同僚)
いとちん(同僚兼呑み仲間)
TOMO(私)


の3人組。


そしてこの旅行中、お世話になっていたイントラのアキさんが言ったこの言葉。
『年末年始はシミランクルーズ、来るでしょ!?』


仕事もあるし、休めるかも分からない。
とりあえず生返事をしたが、ここから、シミランクルーズへの思いは私の中に住み着いたのだった。


シミランクルーズ、それは僕にとって、憧れのものであった。

マレー半島の東側、太平洋ではかなり潜った。

タイのタオ島で約25本。
マレーシアのティオマン島で約20本。
ベトナムのニャチャンで約8本。

しかしマレー半島の西側、アンダマン海では潜っていない。
その透明度、魚影の濃さは噂に聞くだけですごく僕を惹き付けた。

しかもクルーズ。
潜っては食い、寝ては潜り、夜は飲んだくれ
なんて素敵な響きなんだ・・・




日本に帰国後、仕事で多忙な中、伊豆大島へのダイビング旅行を3人で決行。

ダイビングの楽しさは、やはり僕を虜にしている。


そんな中、アキさんから別件で電話が。その中での一言。
『TOMOくーん、クルーズ、3人分押さえてあるけどどうする?』


正直、予算が想像つかなかった。
ぶっちゃけ、そんなに金ないし。

しかし、やはりどうも、体の奥底から、行きたがりの虫が湧いてきた。


予算を計算してみた。飛行機も聞いてみた。やはり結構厳しい。
仕事後の深夜、緊急のダイビング部ミーティング。

『どうする?お金結構きびしいよ?』
『沖縄とかどうかな??』
『飛行機、取れるか分らんよね。』


・・・

『でも、仕事休まないで海外行けるの、あんまないよ』
『罪悪感があまりない旅行のが、いいんじゃない?』
『ラストチャンスかもよ!?』


・・・

気がつけば3人とも、行きたい方向に気持ちが傾いていた。
AKIちゃんがとどめの一言。
『私はシミランがいいと思う!』

これで決まった。


よーーーし、シミラン行くぞ!


次へ>>


タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 21:35 | コメント(610) | シミランクルーズ

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行

憧れの年越しシミランクルーズ、行ってきました!
いやぁ、びっくりするくらい楽しいね。
クセになりそ。


メンバーは、ディマージシェア・ダイビング部初代メンバーの3名。
AKIちゃん、いとちん、TOMO(私)の3名です。

お世話になるのは、マレーシアはティオマン島の
ブルーヘブンダイバーズ アキさん
です。

日本の冬は、ティオマン島はオフシーズンのため、プーケット側でガイドやってます。


以下、今回の旅行を各章に分けてみました。


タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編

さぁ、いつ完成するやら。。

それではプロローグ、行ってみよう!
うぉんばっと 21:26 | コメント(1115) | シミランクルーズ

ダイビングと旅行と仕事。

うぉんばっと

プロフィール
«  2018年 10月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
最近の記事
テスト
03/30 00:57
テストだよ
01/11 22:18
test3
10/25 19:06
テスト
10/24 20:57
石垣島でのダイビング
10/16 18:49