ダイビングと旅行と仕事。

2007年12月のアーカイブ

04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31) | シミランクルーズ紀行

いよいよダイビングクルーズ初日です!!

夜のうちに移動していて、既にシミランに到着。

1本目
ポイントは、Anita's Reaf (West)
チェックダイブです。

いやぁ、さすがに透明度がいい。


そして、いきなりアケボノハゼでスタート!いやぁ、見たかったけど、きれいだなぁ。
アケボノハゼ

泳いでいくと、スカシテンジクダイが、びっくりするぐらい、根にまとわりついてる。
スカシテンジクダイ スカシテンジクの群れ

ブダイくんも優雅??に泳いでいます。
ブダイ


泳いでいると、タンクがストンと落ちちゃいました。
やっぱ、まだBC、堅いな。。


1本終えて、シミラン諸島を見ながら朝飯。
う、、うまい。。
シミラン諸島



2本目
ポイントは、Anita's Reaf (East)


チョウチョウオ系もキレイで面白いです。見る魚がすべてなんかいい雰囲気!

コラーレ・バタフライフィッシュ ブラックピットバタフライフィッシュ
(左)コラーレ・バタフライフィッシュ
(右)ブラックピットバタフライフィッシュ


砂地もいい感じ!ハゼやらテンスやら。
オーロラパートナーゴビー テンスの幼魚
(左)オーロラパートナーゴビー
(右)テンスの幼魚



上がって、昼飯です。
潜って、食って。サイコーですね。


3本目
ポイントは、East of Eden
楽しみにしていたポイントです!

すごくきれいで、見せ場も多いポイント!

しかし、、、カメラのセッティングをしくじり、水中で再生しかできなかった。。。
水没とかはしてないんだけど、がっかり(笑)


スカンクアネモネフィッシュ(セジロクマノミのインド洋版?)、ハタタテハゼ、ミヤコテングハギ、イエローバックフュージュラーの群れ、クマザサハナムロの群れなどなど。



4本目
ポイントは、Snapper's Alley
久しぶりのナイトです。AKIちゃん、いとちんは初(アドバンスの講習を兼ねてます)。

うーーん、探検感覚で面白い!

ヤドカリ
ヤドカリがいました。


上がって晩飯&ビール&焼酎!マジで最高の一日です。
麻雀を軽くやって、夜も更けていきます。

そうです、この日は大晦日。アキさんから頂いた年越し蕎麦(カップヌードル)をいただきながら年が明けました。

他のボートが、花火をあげてお祝いしています。

・・来年も素晴らしい1年でありますように・・


【他の写真はこちら】


<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:52 | コメント(389) | シミランクルーズ

03. プーケット上陸編(2007/12/30) | シミランクルーズ紀行

朝、目が覚めるとそこは、、


シンガポール空港のレストランで朝を迎え(睡眠2時間)、プーケットへ向かうためにバジェットターミナルへ移動。
タイガー・エアウェイズは格安航空のため、バジェットというターミナルなのです。

※バジェット(budget)とは
予算に合った、手ごろな、という形容詞として使われ、『節約』、『格安』的な匂いがする単語です。


無料バスで10分で到着。小さい、ボロいが南国の匂いがするターミナルです。

小さい飛行機に搭乗。地上から、タップで乗り込む、ちょいと洒落た感じです。
※写真撮影はNGでした。

・・・

2時間弱でプーケット到着!
んーーーーー、タイの雰囲気!!これいいなぁ。
入国審査時に停電が起きるも、無事入国。(a.m.9:00)
空港でアキさんを探すと、代わりにダイブマスターのリョーさんが登場。
はじめましてーー。お世話になりまーす!

レンタカーでプーケットタウンに送ってもらいます。

小一時間で到着。アキさんが出迎えてくれました!
ボーノさん、マーシー先輩も。入れ違いで今日、帰国の途につきますが。

両替をして、マッサージへ。
オイルマッサージ、2時間で600B(2000円)です!!

やばい、気持ちよすぎる。。。
パンツ一丁だったけど、途中でおばちゃんに脱がされ、最後は全裸になってました(笑)
旅の疲れが飛ぶわぁ。これもタイの醍醐味です!!

・・・

腹が減ったので、3人でお昼を食べに町をぶらつきます。(12:00)
中心まで行くほど腹に余裕がなく、途中でお店に。

タイ料理
(なぜかうつ伏せの、いとちん)

食ったのは
 カリッと表面を上げた豚肉
 イエローカレー(辛い!)
 豚と大根の角煮
 卵と野菜のふわっと炒め

う、、うまいなぁ、やっぱ。
他の2人は、、、すでにハマってる!
いやぁ、こういうお店、いろんな意味でダメな人多いんで、ホッとすると同時に、さらに楽しくなりました。

町をぶらつき、地理関係を頭にいれます。
さっそくお土産屋も行ってみると、あれ、AKIちゃん、既に戦闘モード??
あんまり買い物しないって断言してなかったっけか(笑)

・・・

17:00にホテルに戻り、マエハラさんと合流し、みんなでいよいよクルーズに向かいます!

プーケットタウン  トゥクトゥク
(左)町の風景
(右)トゥクトゥクに乗り込む2人

プーケットはトゥクが他と違いますね。車でした。

・・・

1時間ほどで一番大きなビーチ、パトンに到着。
すげぇ、こんなでかいんだ。。

ここで前乗りして既に潜りに行ってるケンタイラさんと合流!
ティオマンでもお世話になりましたーー。


さぁ、全員そろって、港へ向かいます。
さらに2時間ほどで到着です。

到着すると、、おおーーあるぢゃないですか、クルーズ船が!
クルーズ船
予想通りの大きさにホッとし、興奮します!
(写真は最終日撮影)

部屋は2段ベッドが2つの4人部屋。ここに我々3人で泊まります。


出発と同時に、船主で爆竹!!安全祈願みたいな、行事のようです。
さっそくビデオを見ながら、かんぱーーーい♪
ビール、ジンと初日からお酒をいただきます(笑)

夜の宴

初日というのもあり、疲れもあり、やや酔い気味に。。
他の2人も同じみたい。。。

というわけで、おやすみなさーーーい。

【他の写真はこちら】


<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:51 | コメント(274) | シミランクルーズ

02. 日本出発編(2007/12/29) | シミランクルーズ紀行

前夜の仕事納め&忘年会の疲れと酒でフラフラながらも、9:00に起きる。

朝、気合でパッキング!
やばい、荷物重い。。

11:30に家を出て池袋へ。池袋から成田エクスプレス(NEX)で空港に向かいますが、その前にジュンク堂で本探し。

まずはボクシングマガジン(通称ボクマガ)
こちら、ティオマン島での麻雀に負け、1年間、毎月の郵送が義務付けられております。。
今回は幸いにも直接手渡しでOKとのこと。


あとは暇つぶしの本。
いい本が見つかりました(笑


ドロップアウト、なんていい響きなんだ。
おっと時間が。

・・・

NEXに乗車。池袋では車両はガラガラだが何故か僕の隣だけ、おっさんが。
アナウンスを聞くと、満席とのこと。この後の新宿、東京で乗るんでしょう。


成田まで読書&爆睡で到着!
成田では既に2人とも到着済み。
前回、マレーシア行ったときは、なぜかバタバタで、最後はダッシュだったので、今回は早めの集合。
しかも12/29、激混みが予想され、、、、ってガラガラやんっ!!

あっという間に傷害保険、チェックインが済みました。

実は、プーケットに行くはいいも、現地で何時にどこ集合か、成田まできても分らなかった。。
アキさんがクルーズに出ており、メールの返信なし。

ということで、DoCoMoのキャンギャルに国際電話の掛け方聞いて、アキさんに電話!
つながって第一声、『TOMOくんか、まだ成田?○○買ってきて!』
・・・りょーかい。でもその前に、集合場所教えてくださいっ!

なんとか問題解決し、いよいよ出国!
ガラガラの成田を出国し、免税をちらっと除いて搭乗ゲートへ。

NWなんで期待してなかったら、何とエアバス。
ジャンボかと思っていたが、圧迫感がなくてOK。
後ろから2列目の3人席に仲良く座ります。


しかし、、、NW、国際線のクセになぜ、アルコール有料????
しかも500円or5USドルって。

とはいえ、3人でBeerを頼み、かんぱーーーい♪
結構混んでいるなか、ほろ酔いでいい感じに。




7時間のフライトも終わり、いざシンガポール上陸!この時すでに24:30。
空港で仮眠し、翌朝に飛行機でプーケット予定。
入国カードに、滞在先=空港、と記載。
・・・イミグレでかなり怪しまれる
航空券を見せ、納得してもらい、ようやく出国。



両替しようとすると、、、あれ?財布がない??
財布といっても、ひとり1万ずつくらい出した共有費を入れた財布で、キャッシュのみだが、見当たらない。。。
飛行機に置き忘れた??

ということで、TOMOが空港を逆戻り、既に1:00。
絶対、席に忘れてきた!!との信念でLost&Foundへ。
、、待てども待てども出てこない。飛行機まで探し行ってもらったが、結局見つからず。。。

ま、クレジットカードとか無しで良かった、とポジティブにみんな解釈(笑)



前回もお世話になった、24時間OPENのレストランへ(a.m.2:30)。
既に朝食メニューに。

店員さん、俺らを覚えていたーーー☆
3か月前に1度、寄っただけなのに。


AKIちゃん、いとちんは、アドバンスの残り、ナビゲーションとナイトのお勉強。
そうそう、あっちいってやるとイヤだからね。


2人が勉強しているなか、僕だけオヤスミなさい。。

次回から写真掲載です!



<<前へ        次へ>>

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 23:51 | コメント(279) | シミランクルーズ

01. シミランクルーズ準備編 | シミランクルーズ紀行

シミラン行きを決意した我々。
まずはチケットの手配。

ちなみにクルーズの日程は
12/30夜 ~ 1/4夕方

シミランはタイのプーケット沖にある諸島。
カオラックからのもあるけど、今回はプーケット集合・解散です。
プーケットって、実はこんだけアジア行っていて、行ったことないんです。


WEBで航空券を漁る。
・・・出てこない。。。

この時点で、1つのチケットでのプーケット行きを断念。
お得意!?のアジア格安航空会社を確認。
バンコク、KL、シンガポール、いずれもプーケットとの往復、あるじゃないですか!!

ちなみに格安航空会社とは、以下のような会社です。
 エアエイジア
 タイガー・エアウェイズ
 ジェットスター・アジア

てか、まだガラガラだわ。じゃ、なんとか、日本から主要都市までを。
しかし、WEBでは見つからない。JALの正規チケットのみあるが、高すぎる。

で、近くのKNT!いくもなし。で、HISに電話したら、ノースウエストのシンガポール行き、帰国を1日ずらせば、まだギリギリ残っている!

なぜか、1月7日は祝日、と思い込み、
行き:12月29日
帰り:1月7日
のチケットをGET!
当然、後で気づけば、1月7日は平日(仕事始め)だったんですが。。


これで、航空券をGET。あっちのホテルはアキさんが取ってくれるとのこと。
とりあえずは、一通り完了!!


後は荷物ですね。
浮かれすぎて、いろいろダイビング器材を重器材、買っちゃいました。
でも年末の業務や忘年会でパッキングできず。。
結局、当日の朝、パッキングをすることになりました。


出発日まで、雑誌見たりWEB見たり、シミランへの思いは募る一方です。


<<前へ           次へ>>


タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 21:51 | コメント(878) | シミランクルーズ

00. プロローグ | シミランクルーズ紀行

2007年9月、僕は会社の同僚2人を連れて、マレーシアはティオマン島にいた。
前年、アジア放浪中にお世話になり非常に心地良かったブルーヘブンダイバーズに、また来ていたのだ。

同僚2人はダイビングは初めて。また東南アジアも初めて。Cカードを取りたいのことで、ふらーーーとバックパックで潜りに行こうとした僕が誘って、3人でブルーヘブンダイバーズにお世話になることにしたのだ。

ティオマン旅行の様子はこちら

思えばこれが、我が社ディマージシェアのダイビング部の始動であった。


メンバーは

AKIちゃん(前職からの同僚)
いとちん(同僚兼呑み仲間)
TOMO(私)


の3人組。


そしてこの旅行中、お世話になっていたイントラのアキさんが言ったこの言葉。
『年末年始はシミランクルーズ、来るでしょ!?』


仕事もあるし、休めるかも分からない。
とりあえず生返事をしたが、ここから、シミランクルーズへの思いは私の中に住み着いたのだった。


シミランクルーズ、それは僕にとって、憧れのものであった。

マレー半島の東側、太平洋ではかなり潜った。

タイのタオ島で約25本。
マレーシアのティオマン島で約20本。
ベトナムのニャチャンで約8本。

しかしマレー半島の西側、アンダマン海では潜っていない。
その透明度、魚影の濃さは噂に聞くだけですごく僕を惹き付けた。

しかもクルーズ。
潜っては食い、寝ては潜り、夜は飲んだくれ
なんて素敵な響きなんだ・・・




日本に帰国後、仕事で多忙な中、伊豆大島へのダイビング旅行を3人で決行。

ダイビングの楽しさは、やはり僕を虜にしている。


そんな中、アキさんから別件で電話が。その中での一言。
『TOMOくーん、クルーズ、3人分押さえてあるけどどうする?』


正直、予算が想像つかなかった。
ぶっちゃけ、そんなに金ないし。

しかし、やはりどうも、体の奥底から、行きたがりの虫が湧いてきた。


予算を計算してみた。飛行機も聞いてみた。やはり結構厳しい。
仕事後の深夜、緊急のダイビング部ミーティング。

『どうする?お金結構きびしいよ?』
『沖縄とかどうかな??』
『飛行機、取れるか分らんよね。』


・・・

『でも、仕事休まないで海外行けるの、あんまないよ』
『罪悪感があまりない旅行のが、いいんじゃない?』
『ラストチャンスかもよ!?』


・・・

気がつけば3人とも、行きたい方向に気持ちが傾いていた。
AKIちゃんがとどめの一言。
『私はシミランがいいと思う!』

これで決まった。


よーーーし、シミラン行くぞ!


次へ>>


タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編
うぉんばっと 21:35 | コメント(610) | シミランクルーズ

タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行

憧れの年越しシミランクルーズ、行ってきました!
いやぁ、びっくりするくらい楽しいね。
クセになりそ。


メンバーは、ディマージシェア・ダイビング部初代メンバーの3名。
AKIちゃん、いとちん、TOMO(私)の3名です。

お世話になるのは、マレーシアはティオマン島の
ブルーヘブンダイバーズ アキさん
です。

日本の冬は、ティオマン島はオフシーズンのため、プーケット側でガイドやってます。


以下、今回の旅行を各章に分けてみました。


タイ - プーケット | シミランクルーズ紀行
 00. プロローグ
 01. シミランクルーズ準備編
 02. 日本出発編(2007/12/29)
 03. プーケット上陸編(2007/12/30)
 04. シミランクルーズ初日編(2007/12/31)
 05. 船上でHappyNewYear編(2008/1/1)
 06. I Wanna See Manta!編(2008/1/2)
 07. 祝100本記念編(2008/1/3)
 08. クルーズ打ち上げ編(2008/1/4)
 09. プーケット大満喫編(2008/1/5)
 10. 泣く泣くプーケット脱出編(2008/1/6)
 11. そして帰国編(2008/1/7)
 12. 番外編

さぁ、いつ完成するやら。。

それではプロローグ、行ってみよう!
うぉんばっと 21:26 | コメント(1115) | シミランクルーズ

今年最後の日本ダイビング

どもども。

だいぶUPが遅くなってしまいましたが、12月1日、2日で伊豆大島行ってきました!
いつもの3人組から、Sさんが風邪でお休み。
Iさんと2人でFunDiveあはは

和光マリン
今回お世話になったのも、和光マリンさん。
キャンペーン中でかなりお得お金

魚の群れ
透明度はかなりよく(この時期の大島では普通くらい?)、12m~でした。
久しぶりに日の光も射したダイビング晴れ


だいたい、水温が20度前後。気温が18度前後でしょうか。
1本目は初めてのDRYにチャレンジしました!
シェルタイプでかなりダボダボ。潜ってみると、なかなか難しい。。。
慣れが必要ですな。
上がってみると、若干水没した感じが。。てか、身体びしょびしょ。。
2本目から、機動力重視でウェットにさせていただきました。
ウェットも、5mmロングにフードベスト、それにさらに5mmワンピースの上を追加。
胴体は暑いくらいでした。

ちなみに、一緒に潜ったIさんは、1本目水没、2本目水没で、2本目は途中で死にそうになって途中切り上げでした。。
上がった後、身体が完全に寒さで固まってた。


そして今回のメインイベント~、初めて、MY重器材でのダイビング!
やっぱり1発目、タンクがゆるくなるな。。
途中で取れちゃいました。しかし、レギュ等、すごく吸いやすいです。



さぁ、見た生物たちです。

カエルウオ
カエルウオとギンポくん。このカエルウオはかなりかわいく、個人的にHITです。

イロカエルアンコウ クマドリカエルアンコウ
カエルアンコウもたくさん見れました。

カミソリウオ サツマオコゼ
砂地にも面白生物が。カミソリウオ(左)とサツマオコゼ(右)

タコ
なんだか分りますか?タコです。言われても分らないかな。



上がった後には、富士山もくっきり
ちょっと写真だとわかりにくいかな。

そして温泉へ~~。
水着のまま入れて、夕日が見れて、対岸の伊豆半島の夜景も見れて、本当に至福
これだけで、ぶっちゃけ、大島に来る価値ある、と思えるほどでした。

気がつけば日も暮れて、宿に戻って空を見上げれば、一面の星空
うーーん、心が和みます。最高ーーーきらきら


晩飯は、宿で和光マリンさんがBBQやってくれました!
さんま、カンパチ、お肉、ソーセージ、等々、びっくりするぐらい美味しかったぁ。
食いすぎて、最後の焼きそばが入らんかった(笑



前回来た時は2日で6本と超ハードスケジュールだったけど、今回は4本。ややのんびりだけど、天気にも恵まれ、アフターダイブがすごく楽しかった上がる上がる


今年は日本では潜り納めですが、また来年も、和光マリンさん、お世話になると思います!よろしくです!!
うぉんばっと 14:18 | コメント(262) | ダイビング

ダイビングと旅行と仕事。

うぉんばっと

プロフィール
«  2007年 12月  »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
最近の記事
テスト
03/30 00:57
テストだよ
01/11 22:18
test3
10/25 19:06
テスト
10/24 20:57
石垣島でのダイビング
10/16 18:49